冷凍ズワイガニのゆで方・保存の仕方とは?簡単レシピもご紹介!

MENU

冷凍ズワイガニのゆで方・保存の仕方とは?

ズワイガニは特定の時期にしか漁が行えないため、シーズン外は冷凍のものが販売されることになります。

 

最近は冷凍技術も向上し、長い間鮮度を保つことが出来るようになりましたが、購入した冷凍ズワイガニについては、家庭用の冷凍庫で保存することになりますし、解凍したズワイガニの食べ方も、さすがに獲れたてのものと同じ食べ方をするのは難しいこともあるので、冷凍ズワイガニの食べ方や保存法については前もってチェックしておきましょう。

 

冷凍ズワイガニのゆで方

ズワイガニのゆで方

冷凍ズワイガニを食べる際は、一度火を通して食べるのが基本です。
ズワイガニは味が濃いので、シンプルにゆでて食べるのが一番といわれていますが、いきなりお湯に入れたりすると味が一気に抜けてまずくなってしまいます。

 

冷凍ズワイガニは冷蔵庫に入れて時間をかけて解凍することで、ドリップの発生を防いで、旨みを逃すことなくズワイガニを楽しむことが出来ます。
むき身の場合はゆっくり解凍すると酸化して黒くなってしまうので、流水で解凍して食べると美味しくいただけます。

 

冷凍ズワイガニの保存

冷凍ズワイガニは、一度解凍すると味が落ちるようになります。
そのため解凍したものを再冷凍してしまうと、さらに味が抜けて美味しくなくなるのに加え、家庭用の冷凍庫はパワーが足りないため、さらに風味が抜けていきます。
そのため冷凍ズワイガニが届いたら、すぐに冷凍庫に保管して、必要な分だけを解凍して食べることで、味の低下を最小限に抑えることが出来ます。

 

保存できる期間は商品にもよりますが、大体2週間から1ヶ月ほどとされているので、それまでに食べきってしまいましょう。
冷凍ズワイガニは通販でも高い人気を集めており、様々な商品が出回っています。

 

いずれも鮮度の維持には最大限の注意を払っていますが、それでも保管を続けることで味は落ちていくので、なるべく早めに食べるようにしましょう。
正しい解凍法を知っておくだけで、かにの味は何倍も変わるので、かにを購入する機会があればぜひ試してみてください。

簡単に誰でも出来る!おすすめズワイガニレシピ

ズワイガニの料理

焼いたりゆでたりと、非常にシンプルな食べ方が人気のかにですが、単純な食べ方だけでなく、少し手を加えることでまた違った味を楽しむことが出来ます。
たくさんかにを買って、シンプルな食べ方に飽きてしまったときや、そのまま食べるには量が少なかったり、鮮度が心配というときは、かにを使ったレシピを使って、いつもとは違ったかにを楽しんでみましょう。

 

かにを使ったレシピとは

かにを使った料理はたくさんありますが、それぞれかにの様々な面を引き出しています。
かにご飯は新鮮なかにはもちろん、少量のかにが残ったときや、購入してから少し経って鮮度が落ちたものでも、非常に美味しく食べることが出来、子供から大人まで楽しむことが出来ます。

 

さらに調理も簡単で、缶詰などの加工品でも良い味を出すことが出来るので、あまり料理が得意でないという方もオススメです。
たくさんかにを買いすぎて食べきれなくなったときや、味に変化を加えたいときなどにぜひお試しください。

 

かにご飯

材料(二人前)

かにむき身 80g〜100g
米 2合
かつおだし カップ2杯弱
酒 大さじ3
薄口醤油 大さじ2

 

作り方
  1. お米はあらかじめ研いでおき、炊飯器にあける。
  2. かにの殻がある場合は、軽く酒を振って乾煎りしておく。
  3. 米にかつおだしと酒、薄口しょうゆを加え、軽く混ぜ合わせる。
  4. かにむき身と殻があれば米に加え、2合分の水を加えて炊飯。

 

お好みでシメジなどのきのこを炊飯時に加えたり、三つ葉やしょうがといった薬味を仕上げに加えても美味しくなります。

 

ほかにもかつお山車を減らしてかにの殻からだしをとったり、炊飯器でなく土鍋を使ったりと、工夫次第で色々なかにご飯を試すことが出来るので、自分だけのオリジナルかにご飯を作ってみましょう。
かにを使ったレシピはほかにもたくさんありますが、その多くは素材の味を生かしたシンプルなものが多く、料理の経験がそれほど無いという方も、レシピどおりに作れば美味しいカニ料理を作ることが出来ます。

 

通販サイトではオリジナルのレシピも多く紹介しているので、それらも利用して美味しいカニ料理にチャレンジしてみましょう。